dAuth_logo_white.png
​Web3.0 ID as a Service
​DIDs、Verifiable Credentials、FIDO2
を扱うエンジニアのためのSaaS

ご登録ありがとうございます!

図.png
dAuthとは
​dAuth は、開発者が自己主権型アイデンティティを扱うために必要となる規格に対応するための API や SDK を総合的に提供するID as a Serviceです。
​dAuthの特徴
スクリーンショット 2021-06-05 23.17.17.png
秘密鍵を
セキュアに管理

自己主権型の Web3.0 の世界では、エンドユーザー自身が秘密鍵を管理する必要があります。dAuth はエンドユーザーがクライアントサイドで秘密鍵を安全に管理できるようにする仕組みを備えており、FIDO との連携にも対応しています。dAuth の API・SDK を活用することで、アプリケーション開発者は専門知識がなくても生体認証などと連動した滑らかかつセキュアな秘密鍵管理を導入することが可能となります。また、この鍵管理システムは、エンドユーザーが自身の保有する複数のデバイスから同一のアイデンティティを操作することも可能とします。これらは、DIDsに対応したコントラクトウォレットをベースにする事で実現しています。

​簡単組み込み

dAuth は OpenID Connect に準拠して設計・実装されているため、任意のプログラミング言語や OSS ライブラリを利用して簡単にアプリケーションへ組み込むことが可能です。

また、AWS や Azure などが提供する PaaS と dAuth を連動させることで、それらの上で構築された既存の処理フローに dAuth の認証機能を導入することも可能です。フロントエンドを構築するために必要な Web 用(JavaScript)、iOS 用、Android 用、ゲーム用などの SDK も提供します。

証明書規格対応

dAuth SDK を用いることで、エンドユーザーの情報に基づく Verifiable Credential を発行することが可能です。企業が管理している個人情報やデジタルアセットに関する情報を元にした Verifiable Credential をエンドユーザーに対して発行することで、エンドユーザーは自身に関する情報をあらゆるサービスに対して Verifiable Presentation として提示することが可能となります。